東麻布に、
スローな時間が流れる。

東麻布商店街魅力

東麻布に、
スローな時間が流れる。

ぶらぶらと坂を訪ねながら、閑静な街並を見て歩くのも楽しい。
思わぬ場所に自分だけの素敵なお店が発見できるかも…。

東麻布商店街の今昔

「飯倉から小山町まで」
これは、地下鉄開通前に、私達の商店街へいらっしゃるお客様の商圏です。もう、何十年も前の話です。今の、麻布台から、商店街の南を流れる古川を渡った辺りの住民の日常生活物資が並ぶご近所商店街でした。生鮮三品(鮮魚、精肉、野菜)、日用品、銭湯、その昔は映画館や芝居小屋までが並び、なかなか賑やかな通りだったと言います。現在は、商店街は飲食店が増え、スーパーやドラッグストアの出店もあり、往時とは違う利便性を備えた商店街に変化してきました。

街の入口や動線は、駅の出入り口を中心に変わりつつあります。商店街は少し離れていますが、都心の中心部に位置しながら、東麻布は洗練されてないと言われる所以は、他所から来るには少し不便だけど、この町の中にいると便利だから、知っている人だけが集う、そのローカルな立地が良くも悪くも性質付けに強く影響していると思います。

商店街のイベントでは、「かかしまつり」が長年続けられてきました。このイベントは会員店舗、近隣町会、ボランティアさんが手作りで、「自分たちが」楽しむお祭りです。地元密着、大して宣伝もしないお店ばかりですが沢山のお客様にご利用いただき、今があります。
今後も、倍旧のお引き立てをお願いします。

商店街から見える東京タワー

東京タワーに一番近い商店街は、こちらです。ただ、今も昔もお土産を売るお店はありません。
タワーの建築中にお昼を出前した話や、駐車場をタワーに借りているといった話は其処此処で聞くように、お隣にある日常風景として、商店街で生活する人間にとって、人生の傍で日々輝き続ける鉄塔なのです。

現在、商店街から見える場所は建物の高層化が進み、先端のみですが東麻布の町を歩くと、不意にタワーが見える場所があります。お散歩やランニングがてら、目線をちょっと上にしてみて下さい。

東麻布商店街 周辺スナップ

東京タワー

150mのメインデッキ、250mのトップデッキの2つの展望台があり、まさに東京の中心から、世界有数のメトロポリスの息吹を感じることが出来ます。東西南北の全方位、余すところなく東京をお楽しみいただけます。

芝公園増上寺

増上寺は、浄土宗の七大本山の一つです。
酉誉聖聰(ゆうよしょうそう)上人によって、江戸貝塚(現在の千代田区平河町付近)の地に、浄土宗正統根本念仏道場として創建されました。

区立飯倉公園

飯倉保育園に隣接している多目的広場と遊具広場からなる公園です。毎日、子供たちの楽しそうな声があふれ、サラリーマンや付近の人々が憩う場所として親しまれています。

済生会中央病院

明治44年に明治天皇の済生勅語に基づいて創立された恩賜財団です。東京都済生会中央病院は大正4年に済生会本部直轄の「済生会芝病院」として開院され、戦後の済生会組織改変により「東京都済生会中央病院」となり、現在に至ります。

電車でお越しの方
地下鉄都営大江戸線「赤羽橋」より徒歩3分
地下鉄南北線「麻布十番」より徒歩10分
お車でお越しの方
「赤羽橋」駅周辺の駐車場にお停めください

東麻布商店街アクセス

バスでお越しの方
都06/橋86「中ノ橋」より徒歩3分
ちぃばすでお越しの方
<麻布東ルート>
「麻布いーすと通り」「東麻布2丁目」より徒歩3分
<田町ルート>
「東麻布2丁目」「中ノ橋」より徒歩3分
地下鉄南北線「麻布十番」より徒歩10分